コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー

最後は息子を信じて祈るだけ

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
受験が終わって1か月経ち、こちらの投稿をしています。
まだまだ受験の感動、涙、悲喜こもごも忘れる事はできません。色濃く思い出せます。
それ程に、受験という大きなイベント(人生での岐路)は、大人にとっても影響大です。

我が息子、体は少々小さめですが緊張はあまりしない性格。
3年の2月から日能研デビューで上位クラスの入塾を許され(点数的にはギリギリな感じで)、それ以降受験までは同じクラスをキープできました。

とはいえ、やはり山あり谷あり。
4年から5年にかけて偏差値の伸びはゆっくりですが着実にあがっていました。
しかし受験を控えた6年の春は山、そして夏から秋が谷底。
冬期講習あたりからようやく見えてきた、ほんの少しの光、という感じでした。
第一志望校への偏差値にはまだ足りない夏でした。

冬期講習終了間際の1月男子校お試し受験(第一志望校との偏差が5以内)、合格をいただきましたが、点数開示で喜ぶ暇なくかなり落ち込みました。
やはりギリギリの合格なのか、と。
これで息子の勉強ペースは、80%エンジンがかかりました。
でもまだフルスロットルにはほど遠いエンジンですが、出ないよりマシ。
焦らずに息子を信じよう、と心に決めました。

1月中旬以降、小学校ではインフル流行で学級閉鎖がいくつもおこり、罹患を心配し学校をお休み。
その間生活習慣は変えず(学校に行く通りの時間で起き、授業の代わりに過去問に取り組む等)夜は早めの就寝を心がけました。私も同じ生活で過ごすため、テレビは朝晩のニュースだけとなりました。

そして2月1日。
朝4時半起床で弁当作り。6時には家族で1日校へ出発。
この日は午前と午後、2校の受験。息子にとってはハードな一日でしたが、楽しんでいるようにも思えて、親として少しほっとした感はありました(親としては倒れそうな心境)。

明けて2日。
まだ1日校の結果が出ない中、第一志望校を受験。
夜になり、1日校のうち一校から合格をいただき、ほっと胸をなでおろしました。

受験も3日目が始まりました。
やはり親は疲れが出ています。息子は平常心が保てているようでした。
第一志望校の発表は午後なので、3日目の第二志望校の受験後、第一志望校の合格発表を家族で確認。
あったあ!!と息子は両手をあげて大喜び。
その瞬間、主人も私も泣き崩れ、よくやった、よくやったね、と息子を抱きしめました。
第一志望校への合格が許され、これ程に息子が笑顔で、大涙で、そしてぐんと成長したんだな、と感じた日はありませんでした。
最後まで息子を信じ、3日間祈り続けました。親はサポートだけしかできません。
息子は自分のチカラで勝ち取った合格を胸に抱き、これからも成長するでしょう。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop