コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
こうやって弱点を克服しました
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

予想外の結果におどろき

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、第一志望校の1回目の試験で受かりました。
でも、本番まで1回もこの学校のR4偏差値には届きませんでした。
日能研全国公開模試の合格判定では「再考」。合格は絶望的でした。
過去問でも、合格最低点を出すことができず、本番を迎えることになりました。

壮行会では、先生方に握手をしていただき、パワーをもらいました。
2月1日の当日、学校に着き、まわりの人全員が自分よりも頭が良いように感じました。
そして、最初の科目が始まりました。それも私が嫌いな算数。問題を開いてうんざりしました。
計算さえ出来ないように感じましたが、一応解き終わり、一安心しました。
国語・理科・社会、どんどん科目が終わって、面接へ行きました。面接の受け答えは迷わず答えられました。
母と会って、「ガックリした顔で帰ってくるかと思った」と言われるほど本番まで心配な状態でした。

家に帰り、20:00に合格発表がありました。
見る勇気は出ませんでしたが、画面をさげてみると・・・自分の番号がありました!喜びがあふれました。
でも、その合格があったのは、4年生の時から支えてくれた母・父、
勉強面や勉強以外のこともアドバイスをしてくださった日能研の先生方のおかげです。
偏差値が届かず諦めようとしていた私ですが、それでも諦めないように支えてくれました。
私は「絶対合格したい!」という気持ちを忘れずに努力し、合格した自分も想像してきました。

ここまで頑張れたのは、家族や教室の先生方や入試当日の応援隊の先生方のおかげです。
これまでにもらったパワーは、はかりしれない宝物です。本当によい経験でした。
合格を知った時の感動は、特別でした。
本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop