コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
志望校・併願校の選び方
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

親も初めての中学受験を終えて

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
私は育児書の類をほとんど読んだことがありません。
そんな私の娘が「中学受験したい」と言った時、真っ先に思ったのは「どうしよう?」でした。
その意味は、「どうしたら辞めさせられるか?」ということでした。
私は地方出身で、経済的な意味でも公立中学進学が当たり前の環境でした。
そんな自分の娘が“中学受験”をするなんて、ドラマじゃあるまいし。
間違いなく喧嘩ばかりして親子共に不幸になるような気がしたのです。
冷静な夫は「真面目な子だし、環境を与えてあげてみてもいいんじゃないか」と言っておりましたが、そんな彼も公立中学に進んでいます。
親に経験もなく、簡単な世界じゃないのに、無理無理!と暗澹たる気持ちでした。

そこで、夫と相談し、「まずは塾という専門機関に相談しよう」ということになりました。
“中学受験 塾”と検索するとヒット数は多数。
さて、ここからまた困ったねと。とにかくどこかの門戸を叩かねばと、娘の習い事の場所に一番近い日能研に伺った次第です。
最初にお話した際、その時間は3時間にも及んだ覚えがあります。
ただ、その間、嫌な顔一つせず、私の持つ疑問や不安の一つ一つに全部お答え頂きました。
そこから我が家の中学受験が始まったと思います。他の塾を見ることもなく、お願いすることとなったのです。
そのくらい、私にとってはありがたいことでした。

始めてみると、もちろん理想と現実は違っていて、娘もテストの点にめげたり、嘆いたり。
想定していた事態はいろいろ起きました。が、一度も「辞めたい」ということはなく、最後までやり遂げた娘は本当に頑張ったと思います。
それは娘の努力ということだけではなくて、日能研の先生方に導いて頂き、支えて頂いたおかげであることは間達いありません。

周りのママの中には、子供の勉強を付きっきりでみて、サポートしてという方もいらっしゃいました。
そんなお話を聞くと、私は度々落ち込みました。
仕事をしながら、家事もしながら、下の子の育児もしながら、娘の勉強も見るなんて絶対に無理、と。
一方で、勉強を見てあげられない自分が情けなくて、娘に対して申し訳ないという気持ちもあり、相当落ち込みました。
そんな時も、助けて下さったのは日能研の先生方です。
「お母さんにはお弁当を作っていただくだけで十分です。勉強は我々にお任せ下さい」と言って頂き、救われました。
娘も先生方にしっかりサポート頂いたので、勉強の質問で私を頼ってくることはありませんでした(苦笑)。

志望校選びも、親の意見・考えではなく、娘が自分で感じたことを元に決めておりましたが、背景には日能研の先生方のアドバイスが多数あったようです。
娘のことを日ごろからみて頂いているからこそのアドバイスは、説得力があったのだと思います。

いろいろなことがありまして、おかげさまで娘は第一志望に合格することができました。
もちろんこれは“新たなスタート”です。でも、日能研で頑張ってきた日々は娘の中で糧となり、次なるステップに活かされることと思っています。

日能研の皆様、当事者である娘だけでなく、受験ド素人の親も含めてご指導項き、本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop