コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
心強い味方~日能研の応援グッズ~
日能研の学習・受験相談
過去問への取り組み
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

温かい励ましが力に

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
2月1日、第一志望校の受験日、日能研の応援場所へ寄ると、日能研入試問題研究特別講座の先生方の中に3年間お世話になった教室の先生のお顔が見えました。
たくさんの励ましの言葉を頂き、子供は安心して会場に向かうことが出来たようです。この時は、合格出来ると信じていました。
ところが、会場から出てきたその顔は暗く、落ち込んでいました。算数で大きなミスをしてしまったとのことでした。暗い面持ちのまま、午後受験に向かい、1日目は終了。
午後受験はなんとか合格出来ました。

気持ちを引きずったまま、2日校へ。とても心配しておりましたが、会場で塾のクラスの仲間に会い、元気を取り戻し、笑顔で試験会場に行くことが出来ました。
無事合格できたのは、一緒に頑張ってきた仲間のおかげだと思ってます。その後、日能研に行き、失敗を気にせず、前に進むようにと先生に励まして頂きました。

3日は、第三志望校。応援に来てくださった先生と握手をして、笑顔で会場へ。手ごたえがよかったようで、合格を確信しておりましたが、まさかの不合格。親子共々ショックでした。

4日は最後の受験。第三志望のS中学校。算数の相性があまり良くなく不安でしたが、前日にお電話を頂き、色々な先生に励まして頂きました。
さらに、応援のメッセージとともに、対策用の問題と解説をメールで送って下さり、対策することが出来ました。
先生方の温かい励ましは、子供の力となり、無事合格することが出来、長かった受験を笑顔で終えることが出来ました。
掲示板に番号を見つけた瞬間の感動は、決して忘れないと思います。

日能研にお世話になった3年間、つまづいたり、挫折を味わったりと色々なことがありました。
そんな時、いつも先生方は温かく、支えてくださり、乗り切ることが出来ました。本当に感謝しております。
また、一緒に学び続けたお友達も子供にとって、大切な財産になったようです。
第一志望校にはご縁がありませんでしたが、おかげさまで、素敵な学校に進学出来ることになりました。
3年間本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop