コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

中学受験というチャンスをくれてありがとう!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
親も子どもも、何もかもが初めてだった中学受験。
はじめはテストのふり返りに時間がかかり、難問に苦労しましたが、しだいに慣れ、わからない問題は日能研の先生方に質問し、解決していく姿が身についていったと思います。
少し苦手意識のあった算数も、家での学習方法を教えていただき、コツコツ毎朝取り組むことにより、最後にはある程度点数を取ることができるようになりました。
国語に関しては、とにかく授業が楽しい!!と毎回テンション高く帰宅してきました。
お友達とも仲良くしていただき、夏休みや冬休みも一緒に自習をし、良きライバル、同士として、お互い刺激を受け、高め合っていたように感じます。

直前の年明け、娘にまかせきりになっていた過去問の取り組みが遅れていることに気付き、娘とあわててスケジュールを立て直しました。
さらに、第一志望校と同レベルの試し受験校から合格をもらえなかったり、また、2月1日本番の4日前に弟がインフルエンザにかかったり・・・と、年が明けてから親の私たちは生きた心地がしなかったのですが、そんな中でも娘は淡々と先生方からいただいたプリントなどをこなし、落ち着いて入試に向き合っていたと思います。
いつも導いてくださった先生方に感謝です。

2月1日受験校での別れ際、娘から手紙を受け取りました。
そこには、「中学受験というチャンスをくれてありがとう。最善の結果を出してきます。私、失敗しないので!」と書かれていました。
受験を通して、勉強だけでなく、精神的にも成長を感じることができました。
最後まで色々な面からフォローして下さった日能研の先生方、本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop