コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
心強い味方~日能研の応援グッズ~
志望校・併願校の選び方
繰り上がり・補欠合格
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

大逆転の娘らしい合格!!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
4年生から始まった我が子の日能研生活。
それは、憧れの学校に入るために頑張る日々。早くから志望校を決め、ブレることなく一直線で向かう姿勢は、とても頼もしいものでした。
自分の性格をわかった上で、この学校に通いたいと子どもが自ら決めたことに、私たち親はただ応援するばかりでした。

息子が第一志望校にご縁がなかったので、娘は、こんなに「行きたい」と思える学校に出会えたのだから、是非とも合格させてあげたいと思っていました。
1月の娘の絶好調ぶりはすごく、苦手な社会も克服し始めて、クラスの中でトップの成績も取れるようになってきました。
このまま、2月2日の午前で受験は終わるな、と感じていましたが、苦しい日々が待っていようとは思いもしませんでした。

2月1日受験当日、電車の中で仲良しの友だちにも会えて、とてもリラックスをして臨んだので、大丈夫だと安心をしていましたが、1日午後校の夜の発表で娘の番号は、ありませんでした。

それから、2日午前校を安全校に変更。
それも3日に受けることになるかも!!と思ったからでした。
やはり2日の発表で1日午前、第一志望校の番号はありませんでした。
2日の午後は、塾で1日に何を失敗したのかを見直しをして、立て直しをしたはずでした。
普段通り問題を解ければ、合格を手にすることが出来たはずでしたが、娘の第一志望へのあふれる思いにより自分でプレッシャーを作り、いつもはしないようなミスを連発させてしまい、ご縁をいただくことは叶わないのだと諦めました。
2日に合格をした学校への入学手続きを済ませ、娘の受験は終わったと思っていました。
まさか、2月9日にあった一本の電話で、娘にご褒美がやってくるまでは、です。

繰り上げの連絡があまりにもうれしくて、娘を学校に迎えに行き早退させて、そのまま手続きに伺い、憧れの学校のかわいい合格証をいただきました。
一人だけの手続きは、特別感があり、教頭先生も出て来ていただき、忘れられない日となりました。
手に届いていた第一志望校だったからこその安心感や、気の緩みがあったのかもしれません。
少し遅い合格は、いろんなことを気づかせてくれる機会だったのかも、と思っています。
「娘らしい合格だった」と先生から言われましたが、本当にそうだなぁと感じています。

春からは憧れのセーラー服を着て、楽しい日々が待っています。
ブレることのない第一志望校への3年間、沢山の先生方や仲間のお陰で頑張ることが出来ました。
同じ「志」の仲間のサポートは、かけがえのないものです。
そして、『オタマ』の持つ力もすごいなぁ~と。
作っていただいた『オタマ』は、心の支えとなりました。
日能研だったからこその感動的な受験、本当に感謝をしています。
『勝利の女神は努力を好む』4、5年でお世話になった先生からいただいたえんぴつに書いてあった言葉です。
辛くなったらこの言葉を支えにして、頑張っていました。

みんなのいろんな言葉が刻まれた、この鉛筆も宝の一つにして、これからの中学校生活を送っていくのだと感じています。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop