コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
こうやって弱点を克服しました
志望校・併願校の選び方
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中

最高の中学受験

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私の第一志望校は雙葉中学校でした。
初めて雙葉に行ったときに「ここに行きたい!」と決めた学校でしたが、そのときの私のクラスは一番下のクラスでした。

6年生前期の途中から、何とか一番上のクラスに入れたのですが、春期講習では算数の授業についていけなくて、泣いたのを今でも思い出します。

さらに、後期の合格判定テストでも、R4偏差値はおろか、R3にも届かず、R2偏差値の状態でした。
それでも、あきらめずに一生懸命、過去問に取り組み、算数は20年分を2周解きました。

1月受験では、浦和明の星中学校に不合格になり、大きなショックを受けました。
でも、最後の一週間では過去問でいい点数がとれるようになり、前日の予行演習で過去問を解いたときには、ほぼ最低点がとれました。

そして迎えた2月1日。
私は一生懸命試験問題に向かいましたが、正直国語と理科が不安でした。
なので、不合格を覚悟して行った合格発表で、自分の受験番号を見つけたときはとてもうれしかったです。
さらに、記念に受けた2月3日のお茶の水女子大付属中学校にも合格できたのはとてもうれしかったです。

中学受験をして本当によかったです!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop