コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
志望校・併願校の選び方
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
日能研が心の支えになった

洗足学園に行きたい

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
「洗足学園に行きたい。塾に行かせてほしい」と娘が言い出したことから、娘の日能研通いがはじまりました。
姉が通っている学校ですが、姉以上に気に入っている様子でした。
最初から行きたい学校があったからか、途中、勉強をさぼったり、教室に行くことを嫌がったりすることもなく、少しずつではありましたが着実に力をつけていき、志望校の合格もあまり危なくはないかな、という印象でした。

最後の合格力ファイナルテストでも安定した点数を出し、ある程度安心してはいたものの、気掛かりは過去問の算数でした。
ほとんどは、合格に届くであろう点数を取るのですが、時々、半分位しか取れない時があるのです。
問題との相性でしょうか。
不安はやはり本番で形になるもので、1回目の受験は不合格でした。
本人はもちろん、私も、家族一同、大きなショックを隠し切れませんでした。
ある程度覚悟はしていても、合格発表のページに探している受験番号がないという状況は、冷たいものが背筋を通るような気がしました。

その中にあって、娘の切り替えは早かった。
発表を見た直後に、翌日の受験に向けて「方略カード」を記入していました。
そんな娘の後ろ姿に目が潤みました。

教室の皆様の励ましも力になり、翌日、娘は無事合格しました。
合格と不合格と、どちらも経験し、娘にとっては大きな糧となる貴重な体験ができたと思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop