コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
過去問への取り組み
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

ひとつだけの合格

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私が手に入れた合格は、第一志望校の鷗友学園女子中学校の合格だけでした。
1月に受験した学校は不合格、2月2日に受験した第二志望校も不合格でした。
でも、自分が一番行きたかった学校には合格することができました。
国語の先生は、「一勝二敗でも、一勝三敗でも、その一勝が第一志望校であればいいんだ!」とおっしゃっていました。

2月1日、私は試験の出来に自信がありました。
試験のことを話さないようにと気を遣う母に、自ら「めっちゃできた!」と笑顔で言いました。
直前に頑張った過去問が効果を発揮しました。
そのあと日能研に寄り、同じクラスの友達と「明日も頑張ろうね!!」と励ましあって、家に帰りました。

次の日受験した学校の試験は、テスト中に「落ちたな」と思うほど悪い出来でした。
テスト中にインターネットで1日の合格発表が出ていましたが、お母さんには発表を先に見ないように伝えてありました。
合流するなり、「早く見ようよ~」「嫌だよ怖いよ~」というやりとりをずっとしていました。
門を出て階段を降り、合格者番号一覧を開いて見ました。
「あったぁ~!よかったぁ~」
自然と安堵の涙があふれてきました。
今までで一番うれしい瞬間でした。
言葉では言い表せないほどの喜びがこみ上げました。

後輩の皆さんにも、この喜びを味わってほしいです。
是非、皆さんの手で、栄冠をつかみ取ってください!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop