コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
学校説明会・文化祭を活用しよう
日能研の学習・受験相談
志望校・併願校の選び方
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

念願の第一志望校へ

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、一度もクラスが変わったことがなく、ずっとA1のクラスに所属していました。

四年生から受験勉強を始め、2年間いろいろなことがありました。
例えば、日能研全国公開模試で良い点が取れず泣いたり、親に怒られてやる気をなくしたりしました。
父も母もいろいろと悩んだそうです。

五年生の2月に私の第一志望校を大妻多摩中学校に決めました。
私にとって大妻多摩は憧れの学校でした。説明会もすべて行き、父も母もたくさん協力してくれました。

今までで一番やる気が出たのは、12月、1月のラストスパートです。
私は、「絶対この学校に合格する !」という気持ちがより強くなりました。
過去問でもしっかり振り返りをして、理解するまでやることが大事だとより分かりました。

そして、本番の2月1日、あまり緊張しなかったけれど、人が予想より多く、問題も難しく記述が多くてビックリしました。
午後は、捜真女学校で試験だったのですが、とても暑く、眠くなってしまって少し寝てしまいました。
国語の時間のことで焦ってしまい、算数の時間も不安でした。
そして、合格発表では大妻多摩は不合格で、捜真は合格でした。
そこまでショックは受けませんでした。
しかし、2日目の試験は自信があったのに不合格で、とてもショックでした。
泣いてしまい、4日に本当に受かるか心配になり、3日に日能研に行って勉強しました。
算数のことを室長に質問したら、とても褒めてもらい勇気が出て4日に臨みました。

校門には日能研の知っている先生がいて、とても安心して、テスト中も落ち着いてできました。
結果は合格でした。
自分の偏差値を大きく超えた大妻多摩に合格できたのは、両親のサポートや先生のおかげです。
今までの努力は、後でとてもよい納得できる結果になります。
あきらめないことが大事だと、改めて分かりました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop