コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった

気持ちの切り替え・ふり返りが大切!!

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、1月の最初の受験でつまずき、その後もなかなか良い結果を出せずに、
とうとう1月最後の入試を迎えることになりました。
気持ちも焦っていて、受かるつもりだった学校のリベンジでもあり
過去問の準備もそこまでしていなかったので、不安で仕方がありませんでした。
1月の入試は、2月につながる大切なステップなので、私にとっては、まさに「落ちられない状況」でした。
しかし私自身、何をして良いかわからず、慌てていました。
そんな時、担当の先生から、こう言われたのです。
「今までの入試はすべてなかったことにしていい。ただ、明後日の入試に向けて、
これまでの入試問題のふり返りをしなさい」と。
この時私は、「え?今までの入試をリセット?それでいいの?」という戸惑いや、
「落ちた学校の問題のふり返りなんて、やりたくないなぁ」という面倒くささを感じていました。
でも、その先生を信じて、今までの入試問題のふり返りをきちんとし、
次の入試に意識を集中させました。
その結果、無事に合格を勝ち取って1月を締めくくり、2月につなげることができました。
先生には本当に感謝しています。

私が思ったことは、「絶対に結果を引きずってはいけない」ということです。
「一喜一憂しないで、その結果を受けとめる。そして、できなかった問題のふり返りをきちんとやる」。
この流れが、私を『合格』に導いてくれました。

2月に関しては、1日から好調で、合格をとることができ、
最後の入試(2月4日)でも合格を取り、良い締めくくりとなりました。
前から行きたかった中学校に行くことができ、本当に満足しています。

今までサポートしてくださった、日能研の先生方、本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop