コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
志望校・併願校の選び方
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

1問2問の差

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は新4年生時から日能研生になりました。
私は引っこみ思案だったので、初めはなかなか友達ができなかったというのもあり、日能研に行くのがとても辛かった時期がありました。
「もう日能研やめたい・・・」というのが私の本心でした。

そんなとき出会ったのが、今回合格をいただいた中学校でした。
他の学校にはない特別なカリキュラムがあったり、生徒さんが優しく、雰囲気がとても魅力的でした。

「この学校に絶対入りたい!!」という思いが強くなり、それから友達も増え、日能研が「第2の家」のようになりました。
それから、私はその学校を目指して頑張りました。

算数が思うように伸びなかったり、模試の結果が良くなくて投げだしたくなったときも、やる気を引き出してくれたのは日能研でした。

日能研の支えあって迎えられた、本命校の入試日。
先生方の花道を通ると、涙がこみ上げてきました。

緊張していたことが大きかったようで、初日は残念な結果となってしまいました。
ホテルに戻り気持ちを切り替え、再現答案をやったところ、最低点まであと6点でした。
とても悔しく、「1問2問の差とはこういうことか」と思いました。

2日目。「落ち着けばできる!」と信じ、臨みました。
結果は・・・、合格でした!

私が宿泊していたホテルにまでFAXで励ましの言葉を送っていただき、心の支えだったと改めて思います。
本当に日能研に感謝しています。
私がこれからの受験生に伝えたいのは、“あせらず落ち着いてあきらめない”ということです。
今までの努力は必ず報われるはずです。
“サクラ咲く”と信じて頑張ってください。

今まで本当にありがとうございました。
日能研なしでは品女合格はなかったと思うし、“あきらめない心”を学ぶこともできました。
本当に本当に感謝しています。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop