コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事

コツコツやることが合格への近道

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕が入試まで勉強してきた中で、大切だと思ったことを伝えたいと思います。

まず国語です。
国語では、問題の量をこなすことが重要ではないと思います。
それよりは、解いたものに対し、丸付けだけで終わらせずに、
間違えた原因やその対策をしっかり考えるのが大切だと思います。
そこで考えたことは、ノートに書いておくとよいと思います。

次に算数です。
算数では、「量より質」ではありますが、量をこなすこともある程度重要だと思います。
苦手単元は先生に相談し、やるべき問題を指示してもらうとよいと思います。

次は社会です。
社会では、多くの資料集を使いますが、
その一つひとつを「売っている教材」から「自分の教材」に変えていくことが大切だと思います。
線を引いたり、書き込んだりということを積極的にしていくとよいと思います。

最後に理科です。
知識分野でなかなか覚えられないものは、自分で紙にまとめて、
部屋など身近なところに貼るとよいと思います。
計算分野では、むやみにテクニックを使おうとせず、
基本に戻って考えることが大切だと思います(もちろん、テクニックが必要なものもありますが)。
教わっている先生の指示をよく聞き、毎日コツコツと勉強していくことが一番大切だと思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop