コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
日能研が心の支えになった

最後は精神力!!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は1日が第一志望のJ校、2日が第二志望のS校でした。
J校の合格発表は2日、S校は2日の夜8時でした。
しかし、J校は落ちてしまいました。
S校はR4でも超えていたため大丈夫だと思っていました。そのため、2日で入試を終わらせるつもりでした。
しかし、S校も落ちてしまいました。こうなると3日にO校(3次)、5日にS校2次を受けることになります。

3日は学校に行き、遊ぼうと思っていたため、ショックと悲しみと疲れが押しよせてきて、心が爆発するかと思いました。
だけど、3日落ちるわけにはいかないので、O校の1次、2次の問題を必死になって解きました。

無事3日は合格。
4日はS校の1次を解きました。
また、それぞれの科目の先生に翌日気をつけることを教えてもらいました。
一番心に残ったのは理科の先生の言葉です。
「明日の試験は、実力があっても、精神力がなければ落ちる」と言われました。
なんとかして受かってやると思いました。
明日がどうせ最後なんだから、私のすべてをぶつけてやると思いました。

本番、S校につくと、周りの子もみんな疲れていました。
「これなら行ける!精神力なら1番だ!」と思い込んで試験へ。

見事合格しました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop