コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

努力は人を裏切らない~人事を尽くして天命を持つ~奇跡の桜蔭合格!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は偏差値の届いていない学校を受験しました。

新6年生の2月、私が何より苦手だったのは算数でした。
元来泣き虫だった私は授業中泣きじゃくりました。泣いていた授業のほうが多かったかもしれません。
私は、志望校決定が早く、そして安全校も受ける予定がなく、ただ2校のために、努力しました。

ノートは1週間に1冊もつかどうか。算数だけしかやってなかっかもしれませんが・・・。
何度提出したころだったでしょうか、先生からもらった言葉は私を変えました。
「涙は合格まで取っておこう」

また、私は、最上位日特に行けず、前期日特中は、集合Mクラスを目指して頑張りました。
そして、ついに、行くことができました。
そして過去問への取り組みが始まりました。成績は悪い!悪い!悪すぎる!100点満点なのに・・・。1桁。
あああ・・・。無理だ!もう受かんない!志望校変更さえ考えましたが、やっぱり頑張りたい!毎週毎週特訓を重ねました。

ついに年が明け、1月校の入試!受かった!私は2校の合格をいただきました。
そして・・・ここから神がかってきました。
そしてついに過去問で100点!!!をたたき出しました!

1月31日からホテルに泊まり、ついにむかえた2月1日!
国語。過去問では得点源のはずだったのに、大失敗しました。
「みんな無理さ」勝手にそういうことにして気持ちを切り替えた、算数。どうにかとけて、セーフ。
社会、理科はまあまあな成績で、面接もこれまたまあまあ。
もう気にしないで2日を迎えよう。でも、気にはなっていました。

2日も乗り越え、合格発表の2時を待ちました。父が見に行くことになっており、ご飯を家で食べていましたがなかなか進みません。
2時2分。家の中に、ケータイの音が響きました。
受かった!あったよ!それを聞いた時、私の目から熱いものがこみ上げてきました。
2点からでも受かります!絶対に努力は人を裏切りません。皆さんの合格を心から祈っています。

人事を尽くして天命を待つ!最後までお読みいただきありがとうございました。

新・桜蔭生より。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop