コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
日能研が心の支えになった

途中で日能研を辞めさせないでよかった

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
四年生で日能研に通うようになってからずっと、宿題の未提出で度々喧嘩になり、この状態が続くのなら通っている意味がないので辞めさせようと決意するのですが、やめたら今以上に勉強もせずゲーム・マンガ漬けになるだろうなという、葛藤の連続でした。
この件で、何度か室長やスタッフの方にも相談に乗ってもらい、結果的に受験にまでこぎつけました。

問題だったのはそればかりではなく、算数のできなさ具合でした。
ほとんど勉強しなくても高得点を取ってくる国語に対し、算数は偏差値が10近く下でした。
併願を組もうにも、安全圏の見当もつかず本当に困りました。
そんな状態だったので、親の方は全落ちも覚悟していたのですが、算数のA先生が、最後まで子どもを支えてくださったおかげで、12月に入ったあたりから、まるで男子のように算数の成績が安定して伸び始めました。これは本当にビックリしました。
本人も自信を持ち始めて、自分から積極的に過去問を解くようになりました(相変わらず提出はしませんでしたが)。
終わってみれば、第一志望以外はすべて合格しました。
親も子どもも、笑顔で受験を終えることができました。

「通うなら、絶対第一志望か第二志望の学校がよい」と考えていたので、本当に良かったです。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop