コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
過去問への取り組み
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

桐朋中学校合格を目指して

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
息子は3年の冬期講習から通いはじめました。
とにかく塾の授業が楽しくて、先生から聞いた面白い話等を色々と私に話してくれました。
4年生の頃は親子で様々な学校を見に行きました。
共学もあれば、男子校、附属校も中高一貫校も一通り見ました。

その中で息子が絶対ここに通いたい!と思ったのが桐朋中学でした。
私も、緑豊かな環境、生徒さんののびのびとした雰囲気が息子に一番合うなと思った学校でした。
5年の頃になると段々と勉強もハードになり、寝不足になりがちでしたが、塾に行きたくないと言うことはありませんでした。
塾の友達に会うのも楽しみだったようです。

6年にもなると親の私もどのように勉強が進んでいるのか、把握が難しくなり、勉強は息子にまかせていました。
後期日特で同じ桐朋を目指す仲間と勉強する中で一段と合格したい気持ちが強くなったようです。
成績が振るわない時、思うようにやる気がでない時、正直何度も息子とケンカになりました。
でも6年生の1年間は友達とも遊ばず、ゲームやTVもやめて本当に頑張りました。

そして本番。
過去問をやり込んだ成果があったのか、落ちついてテストに臨み、無事に合格しました。
家族でパソコンで合格発表をみた時の喜びは一生忘れません。
勉強の楽しさ、同じ目標を持つ仲間や尊敬できる先生との出会い、日能研に通った3年間で得たものは沢山あります。
教室でお世話になって厳しくも愛のあるスタッフの方、先生方、本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop