コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

中学受験をふりかえって

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
最初は、親に言われ「何でこんなことしなきゃならないのだろう」と、しぶしぶ勉強をしていた。しかし、先生や友達と、日々勉強をしてきて思った。
「この勉強は、自分の行きたい学校で、楽しい学校生活を送るためにやっているのだ」と。

そんなことを胸に、遊びも我慢して、勉強を続けた。
辛くて泣いた日もあった。やりたくなくて、サボった日もあった。それでも、行きたい学校のために鉛筆を動かした。
周りには、一緒に頑張ってきた友達がいる。前には、私たちのために、一生懸命新しいことを教えてくれた先生がいる。
親、先生、友達みんなが応援してくれている。最初で最後の中学受験。やるしかない。

そうして始まった1月受験。
私は、第一志望校と同じぐらいのレベルの学校に合格した。
気を抜いてしまった。第一志望校も合格するのではないかと思った。
勉強はしたものの、気持ちは楽な方へ流れていった。

2月本番の受験。自分の力を信じ、出し切った。しかし、合格できず、とてつもなく後悔した。
この時私は、身にしみて思った。
「自分の気持ちに負けてはいけない」と。

私は、人生において、とてもよい経験をしたと思っている。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop