コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
入試直前、今できる事
家族の支え・フォロー

子どもを信じて

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
6年生からの入塾で、1年だけの受験準備でしたが、第一志望の学校に合格できました。
受験を終えて今思うことは、親は子どもを信じてあげることです。
保護者会で先生も「やってくれます!子どもを信じてあげてください」とおっしゃっていましたが、
本当に親が思っている以上に頑張っています。

テストの結果だけに振り回され、最後までハラハラしていたのは私(母)で、
本人は意外とのんびり構えていました。
一つ、二つと合格していく中で、
試験中は、本番の試験は楽しいと言って入試を楽しんだようで、ビックリしました。

本番と練習は違いますが、
何度も外部会場での日能研全国公開模試を受けたのも、本番で緊張せず力を発揮できた要因だと思います。

最初は宿題を片付けられず、カリテの勉強もままならずでしたが、
宿題を効率的に行うために計画表を作ったり、カリテのために単語帳を作ったり、
親子で出来ることを分担しました。
テストで結果がでると、時間を惜しんでも夜中まで本人に代わり単語帳を作りました。
日能研のカリキュラムに沿って勉強すれば、不安なく本番に臨むことができると思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop