コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中

1月受験の重要性

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
神奈川県在住の我が家は第1志望は神奈川県の学校、第2志望以降は東京の学校でした。
私ども家族は、あまり思い入れのない学校を1月に受験してもあまり刺激にはならないのではないかと正直思っていました。
1月入試でほぼ息子の偏差値と同程度の学校で、息子が気に入った学校が見つかったので、その学校の午前4科目、午後1科目の2回の受験をお試し受験に設定しました。

迎えた当日、満員電車には何度か乗っているので大丈夫だろうと思っていましたが、緊張からか息子は途中で気持ち悪くなり、少し嘔吐してしましました。
念のためエチケット袋を持っていたので良かったのですが、一旦下車し、気分が落ち着いたところで再び電車に乗り込みました。

早めに出発していたため会場には遅れることなく到着しましたが、体調は大丈夫か試験中ずっと不安でした。
午前の試験終了時に合流した時に特に体調が優れないようなことはなく、安心しました。

2月の受験はこれを教訓にし、なるべく満員電車に乗らなくてよいルート、着席出来る有料特急を使用することとしました。
非常に良い経験となった1月受験でした。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop