コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
心強い味方~日能研の応援グッズ~
日能研の学習・受験相談
過去問への取り組み
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

中学受験を乗り越えて

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
典型的な長男の性格をしている息子は、幼い時からいろいろなことに興味があり、
どちらかというと、自立して積極的なタイプ。
中学は息子の良い面を伸ばしてくれる学校にと、漠然と考えていました。

日能研に入塾したのは、4年生の冬期講習からでした。
授業が楽しくて仕方がない様子で、成績は少しずつ上がっていき、順調そうに見えました。

ところが、6年生になり塾のスケジュールがますます忙しくなると、
風邪や急な発熱などで、体調を崩しがちになっていきました。
学校も塾も、長く欠席する時もありました。
勉強ができない悔しさから、涙を流す時もありました。

そして、夏期講習が終わるころになると、さらにストレスも溜まっていき、
学校でお友だちにあたってしまうこともありました。
長男だからと、つい大人扱いしてしまうこともあり、
家でストレスを発散できずにいたのかも・・・と、反省。

良かれと思って臨んだ中学受験。
息子の心に知らず知らず相当な負担がかかっている・・・
やらなければよかった・・・もう受験はやめようと、何度も考えました。
でも、途中で投げ出しては余計にだめだ、ここから家族一丸となって、頑張らねば・・・と、
ここから本気で、必死に息子を支えました。

そんな中でも、息子は日能研が大好きで、○○先生のテキストは書き込みがすごいんだ!
とか、先生おすすめの本を、お小遣いで買ってきて読んだり、今日は質問して帰るから!と、
活き活きと通っていました。
過去問も、先生の色ペンで細かく細かく添削がされており、感動しました。
直前まで各科目の先生に指導していただきました。

1月受験前日は、先生にがんばれよ!と、背中を押していただきました。
ますます勇気をもらえたようで、無事合格!続く千葉受験も合格!
2月1日の第一志望校は、時間が足りなかった・・・と、半ば諦めていましたが、
なんと合格!泣いて喜びました。
合格の報告の電話をした際に、先生が親子でたくさん泣いてくださいとおっしゃってくださり、ますます涙が出ました。
あの瞬間はずっと忘れません。
先生方からたくさんのメッセージを書いていただいた手ぬぐいは、宝物です。

中学受験を通じて、息子のいろいろな面を知ることが出来ました。
親子ともに支えて下さった日能研の先生方、心から感謝しています。
息子と一緒に、私自身もたくさん成長させていただきました。
本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop