コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
日能研が心の支えになった

受験と共に

  • 年度:2018
  • 性別:男子
  • 執筆者:
どちらのご家族も同じように、受験を終えての感想はほっと一息と共に、新しい学校(生活)への希望に満ち溢れています。
そこで、3年間学んだ日能研の教科書とテスト用紙を選別しようと思い進めていると、子どもの勉強への努力・受験へのプレッシャー・思い・辛さ・喜びが伝わってきました。その思い出と共に、きちんと整理・保管して1コーナーを作りあげています。
また、息子がよく頑張ったなと受験に向けて、受験の追い込み寸前には、体調を崩して休みながら、どれだけのプレッシャー・焦りと不安重圧の中、最後まであきらめずに体調が戻ってから第一志望受験日に向けて、追い込みをしていました。
最後の最後まで本人はあきらめず、日能研に通い、苦手科目克服のため、ユリウスで復習をしてきました。そして、本人が受験日前日には苦手科目が苦手じゃなくなってきたと言い、自信もつけていただいたことに感謝しながら、受験日を迎え挑みましたが、本人はやはり不安はかなりあったのではないかと思います。
当日午前の受験を終えて、午後受験のためと昼食のため戻ってきました。昼食後、掲示された試験用紙の前で、私に説明して答えを確認してる姿は、とても立派に自信に溢れる姿にも見えました。午後受験を終えて、夕食は食欲はあり、発表時刻には、本人がインターネットで検索をしてよい結果を私も確認して、一言「ヤッター」と飛び跳ね、永い受験生活をねぎらいながら、日能研に報告をして、新たなステップを確認しながら、この時を夢に見た時間を過ごしました。
日能研とユリウスでは、受験のための日々の勉強だけではなく、本人の力を信じること、最後まであきらめないこと、自信も付けていただき、受験会場まで必要なことなども合わせて導いていただけたことを、最後に感謝の言葉としてありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop