コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
日能研が心の支えになった

絶対に諦めない気持ち。

  • 年度:2018
  • 性別:女子
  • 執筆者:
3年生の2月から日能研に通いだした娘。2回目のクラス替えで、念願のGクラスへ。
最前列になることもあり、このまま上位をキープできたらいいなと思っていたのですが、5年の後期に算数で
つまづき、あっという間にクラスで後ろのほうになってしまいました。
やってもやっても上がらない成績、毎日のように泣きじゃくる娘。それでも日能研は、絶対に辞めない!!
こんな日が何日も続き、日能研に面談を申し込みました。
泣いて泣いて、どうしていいか分からなくなった娘を先生方が親切に相談に乗って頂き、志望校も難関校でないこともあって6年の2回目のクラス替えで、Wクラスへ戻してもらうことにしました。
この時期にクラスを下げていいものかすごく悩みましたが、算数の基礎ができていなにのにGクラスにいても授業についていけない・・・。
本人も苦渋の選択でした。

クラスを下げてからの娘は、算数がわかるようになってきた!!授業が楽しい!!と少しづつですが、成績も上がりだしました。
それでも相変わらず、第一志望には偏差値で3ほど足りていない状態でしたが、過去問を解き始める時期には自分で苦手なところを克服しようと遅くまで日能研で頑張りました。

入試では、地方の首都圏入試から始まり、第3志望(専修大松戸)→第1志望(東邦大東邦)→第4志望(昭和秀英)→第2志望(芝浦柏)と出願すべての学校に合格することができました。
大雪が降ったり、お腹が痛くなったり、時間配分を間違えたり、小さなハプニングはありましたが、第1志望に合格するんだ!という強い気持ちと過去問も振り返りをしっかりやることが合格に繋がったのではないかと思います。

日能研のスタッフの皆さんには、メンタル面でも相談にのっていただき本当に感謝しております。
ありがとうございました。

新6年生のみなさん、偏差値が届いていなくても絶対に諦めないでくださいね。
強い気持ちが合格へと導きます。

一人でも多くのお子さんに桜が咲きますように・・・。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop