コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
過去問への取り組み
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

つかんだ合格。サクラ咲いたよ。

  • 年度:2018
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は5年生の2月に日能研に入塾しました。
日能研に入塾を決めた理由は、同じ小学校の友達が通っていたということでした。
入塾した時は、勉強の仕方がつかめず、テストの結果もよいとは言えませんでしたが、通っていくうちに、勉強をどうすればよいのかが分かるようになり、徐々にテストの成績も伸びていきました(私は2科目でした)。2月に入った頃から志望校も決定していき、過去問を解くようになりました。
国語は点数を取れましたが、算数はあまり点数が取れず、合格最低点に届かない年もありました。
ちゃんと点数を取っていた国語も記述がうまくいかず、先生にも「もう少し点数を取らないと」と言われてしまいました。国語も算数もできず、不安や心配な気持ちが大きくなりました。ですが、友達や家族に応援してもらい、心配しないように頑張ろうと思いました。
そして迎えた本番。第一志望校が一番最初でとても緊張しましたが、試験会場の緊張した雰囲気にのまれないようにしました。テストを受けている間、とても緊張しましたが、「自分の行きたい学校だ」と心の中で言い、集中できるようにしました。午後入試もリラックスして、午後入試の結果は合格し、一安心しました。
2/2の入試の時は、第一志望の合格発表で緊張しましたが、ちゃんと受けることができました。
終わった後に見た結果は合格でした。これまでの努力が報われてとてもうれしかったです。
2/2の入試も合格し、すべて合格できてよかったです。
私が合格できたのは、塾の先生方や家族のおかげだと思っています。本当に最後までありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop