コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中
私・子どもを変えたきっかけ
家族の支え・フォロー

3度目で勝ち取った合格!

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
娘の第一志望校は1回目、2回目が午後入試、3回目が午前入試に設定されており、どうしても疲れの出る午後入試はどんな結果になるか正直なところ不安でした。

1月校は2校受験しました。
1校目は娘の平均偏差値よりかなり低めの学校で試験の雰囲気を練習、2校目は若干平均偏差値よりも上の学校で腕試し。
両方合格して、いよいよ2月1日を迎えることとなりました。

2月1日はまず1校、確実に合格を取るようにしたかったので、娘も緊張感を持って入試に向かいました。
試験終了時には、笑顔で戻ってきたので一安心し、いよいよ第一志望校の午後受験に向かいます。
ですが、初日の緊張が昼食後一気に疲れとなり、頭痛まで起きてしまい、薬を飲んで臨んだ午後入試でした。

結果、社会→理科→国語→算数と進むにしたがい、
得意の算数は、「頭の回転が悪くなってた、最後まで解けなかった・・・」と悔しそうに戻ってきました。
結果は不合格でしたが、午前中の学校が合格できていたので、それを糧に2月2日に再トライしました。
得意の理科と算数だけの入試であり、午前にはチャレンジ校を受験してからの午後入試とはいえ、
娘は「今日こそは!!」と言って乗り込んでいきました。
ですが、結果は午前のチャレンジ校とともに2度目の不合格。
入試2日目にして、もう何日も経ったような疲れを感じ、娘はベッドに飛び込んで寝てしまいました。
小6の娘には、2月1日、2月2日と2回連続の第一志望校不合格は、かなりの痛みだったようです。

そして2月3日、朝から親の私も気持ちを切り替え、
「今日の女子校は楽しんでこよう!!受かればラッキー!!ぐらいの感じで行ってこよう!!」
と声かけしたら、娘も気分を変えて、
「楽しんでくる」と言い、
元気に立ち向かったところ、この女子校で合格をもらいました。
いい風が吹いた気がしました。

そして遂に、3度目の第一志望校チャレンジの2月4日です。
この日は午前中の試験であり、目も頭も冴えている状態での試験、2つ合格をもらっている安心感からか、のびのびと3度目の入試にチャレンジしました。
なんと合格でした。
娘は、「第一志望校は午前受験の方がいいよ、本当に諦めなくて良かった」と言っていました。

苦しいこともあった中学受験でしたが、娘は今、本当に満足そうな顔をしています。
本当に良かったです。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop