コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中

試験が終わるまであきらめず、気を抜かず、油断しない

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、第一志望校の試験が思うようにできなかった。

でも、どんなに前の教科が思うようにいかなくても、
次の教科では、気持ちを切り替えるようにし、あきらめないようにした。
そのせいか、落ち着いて問題を解くことができた。

けれど、試験が思うようにできず、試験が終わった時には、「合格しないな」と思っていた。
そして、二回目の試験にかける気持ちでいた。

でも、試験が終わる最後まであきらめなかったせいか、第一志望校に合格することができた。
だから、とてもうれしかった。

でも、不合格だった学校もあった。
その原因は、
第一志望校に合格してうかれていて試験に対して油断していたのと、
第一志望校に合格して全く勉強をしなくなっていたからと、試験中にあきらめてしまったからだと思う。

私には、とてもいきたいチャレンジ校があった。
結果は不合格だったから、私は一人で泣いていた。
けれど、最後まであきらめずに勉強し、試験中もあきらめなかったら、
結果が不合格でも後悔しなかったと思う。

そのせいで、「最後まであきらめなければよかった。」と何度も何度も後悔した。
それに、もし、試験中あきらめず、最後まで勉強し続けたら不合格だったとしても、後悔しなかったと思う。

でも、もう終わったことだからどうしようもない。
だから、なんとか自分の気持ちにきりをつけた。

だから、合格した学校は最後まであきらめずに勉強し、
試験中もあきらめないで頑張ったから、合格できたのだと思う。

なので、入試では、最後まで勉強をし続け、試験中あきらめないで問題を解き、
試験が終わった後には、「どんな結果でも受け入れられるように」、「後悔しないように」、
頑張って問題を解くことが、重要だと思う。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop