コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
期間講習活用術!

偏差値を超えた合格

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
ぼくが日能研に入ったのは5年のときでした。
ちょうど春期講習の始めに入ったときは授業を受けてもなにがどうなっているのかわからず、ただ先生の言っていることを必死にノートに書き写すことしかできませんでした。
しかし、本科の授業が始まり、その授業を受けているうちに内容がわかるようになると共に周囲ともなじみ、落ち着いたいい環境で授業を受けることができるようになりました。

しかし、それでも試験ではあまりいい点をとることができず、成績は悪くて、第一志望の学校には程遠い成績でした。
それでも夏期講習から成績がのび始め、5年生の終わりには一つ上のクラスに上がることができました。

6年生になると着実に自分のやっていっていることが積み重なっているということを感じることができました。
夏期講習も100日前子ども会も本科の授業も冬期講習も、すべてのことを活かして合格したい!という思いを最大限に引きだし、今まで積み重ねてきた力を発揮できれば、偏差値を超えた合格はできると思います。

正直言って、ぼくの受けた第一志望には試験当日も偏差値は足りていなかったと思います。
だけど、強い思いをもって臨んだから合格できたんだと思います。
壮行会で先生方に勇気をもらったのもそうだと思います。

中学受験は一生の宝物で、今だけのこのときを精一杯がんばれば結果はついてくるので頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop