コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
志望校・併願校の選び方
過去問への取り組み

思いがけない合格

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
ぼくは、浅野中学が第一志望であり、情報を多く集め、過去問も12年分もやりました。
一方、結果的に行くことになった聖光学院は、偏差値もR3にすら届かず、過去問も1年分しかやっていませんでした。
算数にいたっては、150点中18点で、絶対受かるはずのない学校だと思っていました。

そして、2月の受験を迎えました。1日は午前・午後ともに合格することができました。
2日は、聖光学院を受けました。一応合格したいとは思っていました。
3日には、第一志望の浅野中を受験しました。
そして、3日の試験が終わった時、驚愕の事実が判明しました。
2日の聖光学院に合格してしまっていたのです。
そのため、1日や1月に合格していた学校は3日にすべて辞退してしまいました。
4日に第一志望の浅野中の結果が出ました。不合格でした。
そして、聖光学院に行くことが決まりました。

これを読むみんなには、このことを伝えたいです。
「受験は何が起こるかわからない。絶対受からないような学校でもあきらめなければ受かる。逆に、R4に届いていても、どんなに対策をしても、落ちることもある。」
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop