コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中

過去問の進め方について

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私はフェリス女学院に合格しました。

9月後半から始まる、過去問学習についてです。
私自身、過去問をどう進めれば良いのかわからず、無駄な時間を過ごしました。
これから受験に挑むみなさんにオススメ方法を教えます。

1.過去問に取り組むべき量
 第一志望は5年分、と言われています。
 しかし第一志望の偏差値が自分の偏差値より5以上高い場合は、10年分進めることをオススメします。
 10年分といっても苦手科目のみでいいです。効率よく進めていきましょう。

2.過去問ふり返りノート
 ノートは1冊用意しましょう。ノートには間違えた問題のふり返りをします。
 ふり返りとは、「なぜその問題を間違えたのか」「次間違えないようにするにはどうしたら良いのか」を一問一問確認することです。
 入試ではあと1点、あと1問での不合格が多くいます。その1問を減らすためのものです。
   
3.過去問を解く時の気持ち
 緊張しましょう。今から緊張しておくと本番緊張しません。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop