コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

絶望からはい上がる

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は2月1日の第一志望校、武蔵の問題をふり返ったとき、出題傾向の変化に対して焦ったために、どの科目も少しずつミスをしていたことに気づき、問題と向き合う気が失せて落ち込みました。

その後の2月2日、合格発表を見に行った結果、自分の番号はありませんでした。
さらにその時は、合格が分かって写真を撮る人もたくさんいて、受からなかった自分はさらに絶望しました。
恐る恐る日能研へ向かってそのことを報告し、室長先生と話しました。
その時先生は、「残念な結果だったからこそ向き合い、次へつなげていくべきだ」と指摘してくださり、それは自分にとって大きな力と自信になりました。
他の先生方の励ましも受けて家に帰り、早速翌日の早稲田に向けて対策をしました。
でも、やはり今まで武蔵の問題を解き続けていたためか、思うように問題が解けず不安を覚えました。
そこで、僕は、どんな時でも冷静な判断ができるように、「自分はできる」と常に思い込むようにして、試験に臨みました。

当日、その結果は抜群。
自分にとっての大成功をおさめました。
試験終了後には桐朋の合格が分かり、ひとまず安心して一日を過ごしました。
そして、2月4日、城北の試験を終えて、両親に真っ先に聞いた合格発表、結果は「合格」です。
最後まで諦めなかった努力が実ったと分かった時の嬉しさは、一言ではとても言い表せないほどのものでした。
僕は今、自分の受験を支えてくれて、合格へと導いてくれた先生方にとても感謝しています。

そして、来年の受験を目指す皆さん、きちんと諦めずに努力をすれば、たとえ厳しくてもその成果は大きなものとなって表れてくるはずです。
悔いのないように頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop