コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
志望校・併願校の選び方

早稲田中受験を通して

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は第二志望の本郷中学校に入学することになりました。
本郷中学校を受験したきっかけは、第一志望である早稲田中との傾向が似ているからです。

1月は栄東と東邦大付属東邦を受験して、栄東は無事合格しましたが、東邦大付属東邦はR4偏差値が届いていたのに残念な結果に。
このままでは早稲田どころか本郷も無理なのではと思いました。

そして1日は本郷か早稲田か家族で話し合った結果、悔いのない受験にするということで早稲田を受けることにしました。
しかし早稲田も午後の都市大も手応えがありませんでした。
でも次の日に都市大の上のクラスであるII類に合格しました。

そして本郷を受けたとき、2日は難しいはずなのに、「簡単だ、これは受かる」と感じていました。
しかし早稲田は不合格。かなりショックを受けました。
でも本郷第2回は受かったので複雑な気持ちでした。

そして3日、早稲田の第2回を受けました。
次の日に自分の番号を探しに早稲田に行きました。
しかし番号はありませんでした。

でも後悔はありません!
なぜなら自分の受けたい学校を受け、力を出し切れたのだから。

皆さんも悔いのない受験にしましょう。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop