コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中

最後まで戦いぬく

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕の本番は1月だった。
第一志望校の入試日があったからだ。
受験当日は1月中に他の学校を受けてきたこともあり、あまり緊張しなかった。
勝負科目は得意な理科。
第一志望校は国語、算数、社会、理科の配点が同じだったこともあり、高得点で他をひっぱりたかった。できたと思った。

そして迎えた合格発表。
ドキドキして発表を見たが・・・結果は不合格。
なぜだろうと思い、手に入れた試験問題の解答を使って採点してみると、問題が見えてきた。
それは社会だった。
2017年入試は正誤問題がたくさん出て、大丈夫だろうと思っていた歴史がボロボロだった。落ちこんだ。
公開模試では合格ラインまでいくことができたし、過去問は何回もやって傾向をつかんだのに。
しかしいつまでも落ち込んでいるわけにはいかない。
あと1週間はある。
急いで社会の解けなかった問題を確認して類題を解いて、知識をもう一度たたきこんだ。

そして2月1日の第二志望校の入試を迎えた。
前年の過去問では不安があったが入試では力を出しきった。
結果は合格。
いままでがんばってきた甲斐があったんだ。そう思った。
第一志望校の後期はダメだったが、達成感はある。

4月からの学校生活が楽しみだ。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop