コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

一足早い春が来ました。

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
立春を迎えたものの季節はまだまだ冬。
ですが、子どもの受験が終わり、周りは緊張感のとけた明るい空気が漂っています。
(でも、まだ兄の大学受験が真っ最中で半分ですが。)

日能研の先生に勧めていただいた「ここぐらいは行かせてあげたい」という学校に、一次で合格することができました。
第一志望は残念だったのですが、ここに一次で合格することにより、悔いなく他の学校も受験することができたと思います。

4年生から3年間、仕事をしながら可能な限り、お迎えや保護者会に通いました。
一人で色々な学校を見て歩きました。親として受験に対して出来る限りフォローしてきたと思います。

ただ、肝心の子どもは家ではゲームが手放せず、兄と遊んでいましたが、日能研では先生方のご指導のもと何とかやっていたのでしょう、それが結果に現れたのだと思います。

あまり協力的でなかった主人も、受験の1週間だけは子どもに付きっきりになってくれました。
待っている時間は仕事をしたり、モーニングを食べながらめずらしく話をしたり、お寺を回ったりもしました。

1週間会社を休むのは会社にも迷惑をかけた部分もあると思いますが、これはこれで貴重な時間を過ごしたと思います。

1日目は本人は自信がなく、日能研で励ましていただきました。
が、午後受験の学校に受かり、2日目に自信がついたのかもしれません。
終わった後、簡単だった!とニヒルに笑いました。
まさか、と思いましたが、Webで主人が子どもの受験番号を合格者の一覧の中に見つけた時、子どもの頭をくしゃくしゃとなでて本当に嬉しそうでした。

子どもは実は自信あったもんと照れ笑いしていました。
結果がでる前にまた日能研で励ましていただいていたのですが・・・

先生方には、すぐ報告に行きました。
今回進学を決めた学校以外のところには一発で合格していため、親としては受け入れてくれる、行くところがあると思えたので、気持ちが比較的楽でした。

3年間(兄も入れると6年ですが)お世話になりました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop