コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

最後のねばり

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
娘の受験生活は、公開模試の成績の上がり下がりが激しかったり、また何度やってもミスが出たりと苦しい時期が続いていました。
1月後半から、日能研からいただいた算数苦手克服プリントとメモリーチェックをただひたすらやって、受験に臨みました。

午前、午後と受験するのは親も子もかなりの体力を使うものだなと思いましたが、そうも言っていられません。
娘が当日の問題の解き直しをやりたいと言うので、遅い時間まで解き直しにつきあいました。
いつになく真剣に聞いて解いていたように思います。
そのおかげか、次の日以降の似たような問題は完璧に出来たようです。

第一志望から合格をいただき、苦しい日々が終わりましたが、何度も何度もあきらめずに問題を解いていった日々は、私たち親子にとってかけがえのない時間であり、この先の自信につながる大切なものとなりました。
大変だけど楽しかった、と頑張ってくれた娘の大きな成長を感じました。

また、親子一緒に頑張ることが出来たのも日能研のサポートのおかげと大変感謝しています。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop