コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

積み重ねた努力

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
「あった!」
第一志望校に合格出来たとわかった瞬間、本当にホッとするとともに、
息子を中心に家族全員で頑張って来た日々が頭の中を駆け巡りました。

日能研に入塾したのは3年の2月。
当初は公立中高一貫校を希望していたため、他塾を検討しておりました。
ただ日能研は気になっていたので入塾テストを受けることに。
改めて話をさせていただいたところ、「私立の上位校に受かる力をつければ公立一貫校にも合格できますよ」という言葉を聞いたので入塾を決めました。

以来、子どもはせっせと日能研通い。
素直な性格も手伝ったのでしょう、授業を受け、
帰ってきてからはテキストの見直しと栄冠を解く、その繰り返し。
このことは決して手を抜かず、日々実践しておりました。

授業についていけるのか、途中でイヤになって投げ出してしまうのではないかと不安に思っていましたが、
先生の授業が非常に楽しいことや、一緒に勉強する仲間とも仲良くなったようで、
いつしか学校より日能研に行きたいということを言うようになっておりました。
ふり返ると、3年間学校行事以外は休むことがありませんでした。

そのような日々を送ることで、成績は順調にアップ。
受験校を決める段階では、当初の予定より上位の学校をチャレンジできるくらいにまで力をつけていました。

そして受験がスタート。
まず、1月の試し受験に合格。
厳しい結果も予想しておりましたが、ここで合格できたのは息子にとって大きな自信になったと感じました。

本番となる2月。
1日の午前、午後に受験した学校は共に合格することができました。
勢いをもって2日の第一志望校に臨むことになりました。

会場入り口では先生方の熱い応援をいただき、しっかりとした足取りで会場に向かっていく姿が印象的でしたが、テスト終了後に聞いてみると、問題が難しかったのか「あまり出来なかった」とのコメント。
ハラハラしながら発表を迎えることに。

発表のボードが出され、番号を確認したときは思わず飛び上がりました。
息子の試験終了を待って合格を伝えると心から喜んでおりました。
早速、家族全員で入学手続きに向かいました。

終わってみると、3日を含め受験した5校全てから合格を貰うという素晴らしい結果になりました。
日能研の先生、スタッフの方々には本当にお世話になりました。ここまで成績が伸び、
希望の学校に行けることができたのは、息子のやる気を引き出していただいた皆様のお陰だと感謝しております。
日能研で培った勉強スタイルを今後も息子が活かしてくれると期待しています。

本当にありがとうございました!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop