コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
志望校・併願校の選び方
家族の支え・フォロー

つらかった三年間

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
なかなか成績が上がらず、塾を変えてみようかと考えたこともありました。
授業のスピードが早く、やり残したものができないままになり、息子には合わないかと思ったのです。
スタッフの皆様にアドバイスされ、ここまで続け、志望校に合格し、通い続けて良かったと考えております。

5年生の夏期講習を終えた頃から成績が良くなってきたようでした。
その頃から本人の気持ちが変わったようで、本気になってきたようでした。
6年生になり、サッカークラブも受験終了まで休ませてもらい、ほぼ休みなく毎日勉強しました。

志望校がなかなか決まらず、もっと学校見学に行っておくべきだと思いました。
公立校も受けてみようという考えも早いうちにあったのですが、具体的に何もせず準備が遅かったと思います。

その中で私立の試験の勉強がそのまま生かせる竹早を受けることにして、合格発表に合わせ他の私立校受験を考えました。
結果、開智先端合格、栄東×、本郷×、竹早合格となり、本人はとても喜んでおり、もちろん私達も最高の結果と思っております。

受験全体を通じて感じたのは、大きく分けて2つです。

1つは、いつやる気になるか、ということで、私自身もあんまりギッチリやらせるのが憐れになっていることがあり、それが伝わっていたのかと思うところもあります。

もう1つは個人差で、能力差が大きいと思いました。
理解力・記憶力の良い子は短い時間で成果を上げ、成長スピードが速いのでしょう。
息子はやってもやっても知識が抜け、もどかしい日々でした。
本人がまじめにあきらめずにやることでなんとか成功でき、よくねばりました。
いまだ本人にピッタリした勉強法が見つかってませんが、これからも探っていきたいと思います。

三年間ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop