コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
私・子どもを変えたきっかけ

2週間の頑張り

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
1/12の入試で、私は落ちた。
佐久長聖の受験で偏差値も自分にとっては高く、第一志望校と同じくらい難しかった。そして、佐久長聖の問題を復習していて、ケアレスミスなどもありショックだったし、難しかった。
その時の私は、「ああ、なんで今まで本気で頑張らなかったんだろう」と思い、私はこう決めた。「自分が燃え尽きるまで頑張る!」その時は、2/1の2週間くらい前だった。

その日から特に頑張ったのは算数だ。もともとは算数が好きで得意科目だったが、六年生になってくるとあまり点は取れない。むしろ落ちていく時もあった。だから、私は徹底的に苦手なところを先生に質問した。21:20~21:30になるくらいだ。それを1/30までやっていた。

ついに2/1がきた。けれど、あまり緊張はしなかった。
まずは国語。その次に算数だ。国語は全部解けた。そして、算数の時間がやってきた。
「始め」、この合図で私は全力で問題を解いた。「ガリガリガリ・・・」この音を絶え間なく出していた。そして、理科・社会も終わった。

正直私は心配だった。ケアレスミスはしていないか、読み落としはないかなど。そう思いながら帰った。
家に着き19:00にパソコンを開き、合格発表を見た。3,5,6・・・番号を必死に探した。そして、私は自分の受験番号を見つけた。見つけた瞬間、涙が溢れた。この時、私は、「努力は必ず報われる」と思った。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop