コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
家族の支え・フォロー

奇跡の合格

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は最後の最後まで成績があまりにもひどかったので、巣鴨中学に受かるとは思っていなかった。

埼玉受験では開智中学も不合格。
2月1日午前受験の巣鴨中学に不合格だった後で午後受験の他の学校から特待合格と聞いて、とてもビックリした。
思わず塾の先生に電話したほどである。

翌2日、巣鴨受験では問題が難しくてあまり出来なかったから、合格発表前に親から
「特待合格で浮かれるな。巣鴨で落ちた現実を見て、気を引き締めて新たな気持ちで頑張りなさい。」
と言われながら、合格掲示板の一番前の中央に陣取って見ていると、

なんと !

・・・自分の受験番号があった !

・・・僕は感動のあまり泣きそうになった。
そして僕は、この嬉しい現実に浸りながら合格書類を受け取った。

この時の気持ちはとても表現しきれるようなものではない。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop