コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
私・子どもを変えたきっかけ
家族の支え・フォロー

不合格体験をバネに

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
第一志望は、2年間ぶれず、常に憧れ続けた学校でした。
2/2から3回の日程を全て出願しました。
1月の練習校、2/1の第2志望校の合格はいただいていました。

2/2、本命1回目の入試。
夕方HPに載せられた解答で自己採点すると、普段しないようなミスがたくさん。
改めて解いてみるとほとんど正答できるのです。
夜ネットで確認した合否は、否でした。
娘に聞くと、「これまでずっとこの日のためにがんばってきて、とうとう今そのときなんだと思うと、すごく緊張した」とのことでした。
泣きながら寝る娘を、「明日落ち着いてまたがんばろう」と励ましました。

翌日、腫れた目で会場に向かい、2回目を受験。表情は本気でした。
夕方自己採点すると、全ての教科でこれまでにない点数を出していました。
本当に集中し、自分と闘ったんだと思います。

結果は、合格。

ふり返って娘は、
「1日目、不合格で良かった。あんな気持ちになったのは生まれて初めて。経験できて良かった」と。
受験前も、勉強していた2年間も、他の子と比べると幼いほうで心配していましたが、親が思うよりずっと成長していました。

たくさん気持ちの揺れた2年間でしたが、入試期間中の娘の心情に成長を感じることができ、終わった今、全てのことに感謝したいです。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop