「合格力」を試す中学受験最大級のテスト
日能研 全国公開模試

お申し込みはこちらから
申し込み受付中のテスト
●申し込みの流れ

お役立ちガイド 成績表ガイド

それぞれのテストにそれぞれの成績表

〈日能研 全国公開模試〉では、テストの目的にあわせた成績表を提供します。あらゆる情報の詰まった個人成績表を使って自分の今のチカラを確認することができます。

合否が見える「合格判定成績表」

志望校の合格判定グラフをメインにした成績表で、最大12校まで判定を受けることができます。
「試験日指定登録校(A判定)」は試験日の重複がないように登録しますので、その年の入試の志望校動向に即した各種情報を得ることができます。
一方、「自由選択登録校(B判定)」は試験日の重複が可能なので、同一試験日の志望校を迷っている場合に活用すると効果的です。
一度の受験結果からではなく、継続して受験していただいた結果の平均偏差値から志望校を見定めてください。

<この成績表が提供されるテスト>
6年生 合格判定テスト (9月~12月に実施)

ライバルが見える「併願作戦シート」

A判定登録した志望校に対する併願状況を示し、志望校選択の目安となるシートです。
このシートでは、自分がA判定登録した学校を志望する生徒たちが、どのような併願を選択しているかを日程別に表示しています。自分と同じ併願校の情報は□囲みで示し、それ以外にも人数が多い順に2校分示しています。
中学受験を勝ち抜くには、併願する学校選びが重要になってきます。
「併願作戦シート」は中学受験を乗り切るための貴重なシートとなるはずです。

<この成績表が提供されるテスト>
6年生 合格判定テスト (9月~12月に実施)

弱点が見える「合格対策成績表」

この成績表では、今回のテスト結果を分析し、SA登録校合格のために今後の学習の目安となるアドバイスをしています。
各設問について、受験生全体の正答率と、受験者のうち自分と同じ志望校を志望する集団の正答率を比較しています。
☆印がついている問題は、自分がSA登録している志望校をA判定登録している志望者集団の中で、特に差のつきやすかった問題です。この問題を使って模試のふり返りをおこない、志望校合格につながる学習方法について考えることができます。
「合格判定成績表」で得られた現状をふまえ、次回のテストや入試本番に向けて何をすればいいのか、この「合格対策成績表」を活用することで対策がたてやすくなります。

<この成績表が提供されるテスト>
6年生 合格判定テスト (9月~12月に実施)

自分の位置が見える「実力判定成績表」

全国の受験生に伍してテストを受験することは、自分の実力を客観的に把握できる機会になります。
成績表は、全受験者の成績の分布から算出された偏差値が中心です。科目ごとにその時点での自分の位置を比較把握することができます。
例えば、科目ごとの力は、それぞれの偏差値で比較・参考にできます。
また、問題の正答率から、みんなができた問題ができているのか、みんなができない問題ができたのか、など詳細な分析から自分の力を再認識にしてください。

詳しくはこちら

<この成績表が提供されるテスト>
4年生 実力判定テスト (2月~1月に実施)
5年生 実力判定テスト (2月~1月に実施)
6年生 実力判定テスト (2月~4月に実施)

入試直前に最終チェックする「合格力完成テスト・ファイナル256成績表」

受験本番は、この1問、この1点で合否が分かれることが多々あります。
この段階は、ケアレスミスを少なくし、みんなが出来る問題を落とさないよう意識することが大事です。
そのため、本シートは全体正答率順になっていて、自分の解答の正誤の内容をチェックしてください。
また、全体正答率(※1)と志望者正答率(※2)を併記し、正答率から見て、志望校に合格するために、必ず正解しておきたい問題に網掛けしてあります。
間違えた問題のうち、優先的にふり返って欲しいものに、合格力ファイナルシート(確認プリント)のおすすめナンバーがついています。きっちり復習しておきたいものです。

※1:全体正答率:受験者全体の正答率。
※2:志望者正答率:この回の受験者の中で、同じ学校を第一志望校として登録した人たちの正答率。

<この成績表が提供されるテスト>
6年生 合格力完成テスト・ファイナル256 (12月~1月に実施)

 

お申し込みはこちらから
各テストのお申し込み方法はカンタン!インターネットまたはお電話で!
インターネットからお申し込み
当ホームページ上でお申し込みの手続きができます。
申し込み受付中のテスト
お電話でのお申し込み(6年生のみ)
フリーダイヤル0120-750-499
[受付時間] 月~金(祝日除く)11:00~17:00
首都圏・東海以外のエリアにつきましては、教室に直接お問い合わせください。

 関西中国エリア  四国エリア 九州沖縄エリア

▲ページトップへ

(c)NICHINOKEN