日能研での学びが気になる

日能研の学びコンセプト「未来への学び」

学びの環境と各種学習のサポート

DI学習支援システム
テストには、もっとやれることがある。

これまでのテストは、学んだことを「試す」「確認する」、学力を「測る」ために使われることが、ほとんどでした。
いま、日能研では、<DI(デジタルイメージ)学習支援システム>で、テストを「学びの道具」として、「子ども自身」として使うことにより、子どもたちの学びと成長をサポートしています(首都圏・北海道・愛知県・四国・九州)。

すべては子どもたちのために―。

デジタルイメージ学習支援システム
DI学習支援システムとは

図:DI学習支援システム

  • DI採点システム
  • GSS

答案をデータ化することで大量の採点を速く正確に行える<DI(デジタルイメージ)採点システム>。
データ化された答案をめぐる学習サポート・ネットワーク<GSS(学習支援システム)>。
この二つを組み合わせたのが、日能研の<DI学習支援システム>です。

数字だけで表せない成長を見守る!
必要なときに、必要な人がいつでも成績の基となる情報を得ることを可能にすることは、答案用紙をデータ化することです。
答案用紙には、偏差値などの成績情報だけでは読み取れない大切なものがつまっています。
たとえば「記述問題の取り組み方が変わった」「答案の字がきれいに、意識的に書けるように変化している」という具体的な変化・成長にも気づくことができます。
その子に関わる全てのスタッフが今までその子の作ったデータを大切にし、その子に一番の方法を考える。
<DI学習支援システム>を始めた大きな理由のひとつです。

教室ごとの時間割・費用など詳しい資料をお届けします。

  • 資料請求フォームへ

PageTop

日能研の6年間とステージ制