日能研に通室をお考えの方へ

テストにはもっとやれることがある日能研のテストの特長

2020年大学入試改革

「考える」チカラが、未来をつくる。

現在の大学入試センター試験は、2020年に新しいテストへ移行します。新たな共通テストとして「大学入学共通テスト」を導入し、国語および数学に記述式問題を出題し、英語については4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価するため民間で実施している資格・検定試験を活用することが決定しています。いまの小学生が大学受験にさしかかる頃には新たなテストが始まっているのです。

「大学入学共通テスト」では、知識や技能を十分有しているかの評価も行いつつ、知識や技能を活用する「思考力・判断力・表現力」を中心に評価します。
さらに、大学の個別試験では、どんな学生がほしいのか、そうした学生を選ぶためにどんな試験を行うのかを明らかにし筆記だけでなく、小論文や面接など、学生を丁寧に多面的に評価することが求められています。

いずれにしても、大学入試センター試験が「知識のつめこみ」といわれてきたのをあらため、考える力を問うというのがこの改革の背景です。

「知識・技能=解けるチカラ」に束縛されていた大学入試から、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を問う大学入試へ——。
点数だけの評価から、“多様な方法”で評価する方向へ。
日本のテストも、ようやく本気で変わろうとしているようです。

未来を生きる今の子どもに必要な学び ~「解ける」から「考える」へ~

文科省では、2020年の「大学入学共通テスト」実施に向けて、プレテストを実施し、問題の妥当性、採点方法など、さまざまな検討をしています。まだまだ課題はありそうですが、大学入試改革に踏み出したことには大きな意味があると日能研は考えています。

なぜなら、「解けるから良い」という学びでは未来は切り拓けないというメッセージを今回の大学入試改革から感じることができるから。

問題を解くためだけに必要なチカラ。
「知識の量=暗記力」や「計算の速さ=処理力」。小手先の解法テクニック。
効率性、再現の正確さ。出題傾向とその場しのぎのテスト対策。
これは、あらかじめ正解がひとつだとわかっている=「特殊」なときにしか使えないチカラ。
でも、そんな都合のいい予定調和な問題が、現実の「一般」社会にどれだけあるでしょうか。

大切なのは、自分のアタマで「考える」チカラ。
想定外にも柔軟に対応できる。多様な視点を持てる。
知識が「たくさんつまっただけのアタマ」よりも、「よく動くアタマ」。
答えのない問題と真正面から向き合い、新しく答えをつくり出し、未来をつくっていくのは、「考える」チカラにあふれた「よく動くアタマ」。

未来に必要なのは、「考える」が生き生きとする学びです。
だからこそ、「解ける」から「考える」へ、「特殊」から「一般」へとシフトする、その考え方を進めたいのが今回の大学入試改革なのです。

私学にはある、日能研にはある―「未来をつくる」学び。

日能研全国テスト

折り込みチラシ(2016年4月)で取り上げました入試問題は『シカクいアタマをマルくする。』サイトにてご覧いただけます。

知識偏重から、思考力、判断力、表現力重視。
求められる主体性、多様性、協働性。

そんなチカラを育てる学びは、実はすでにあるのです。

日能研は、「私学にこそある」と考えます。
私学が、創立以来ずっと育み大切にし続けたもの。
長い歴史の中で連綿と受け継がれてきた「こういう人を育てたい」という想い。

それは入試問題からも読み取れます。
子ども達自身が自分ごととして考える問題―。
自分自身の考えを練り上げていく問題―。
問題に出あったところから、考えが次へ次へと進むような問題―。

こういった問題が出題できるのも、
昔も今も変わらずに、子ども達自らが未来を創るチカラを大切に育みたいという想いが私学にあるから。

「大学入試がどう変わろうとも右往左往せず‘いま’を磨いていくだけ。これまで大切にしてきた教育がその自信を支えている」ある私学の校長先生の頼もしい言葉。

日能研は、そんな私学の考え方に賛同し、私学進学の準備ができる塾です。
そして高等教育につながる学び、未来をつくる学びへ。

日能研には、子ども達の自由な、そして多様な考えや意見を表現できるテスト問題、テキストがあります。
そして授業があります。

どうぞ、そんな学びの入り口を、今回のテストから―。

テストのお申し込みはこちらから

実施要項はこちらからご覧ください。)