4年生

学び方を変えてみる冬。

4年生の冬期講習では、これまでの学びや学び方をふり返り、「できる自分」「いろいろな学び方を模索している自分」を実感していきます。
これまでの学びの中でできるようになったことを、違うやり方で試してみたり、新しい視点を見つけたりしながら、自分自身の「どのように学ぶ?」をもっと広げるために、自分の学びを変化させることにチャレンジします。なりたい自分をイメージして、学びを「広げる」準備をします。

  • 設置コース
  • 資料請求

※教室により設置コース・時間帯が異なります。
※冬期講習のお申し込みは、最寄の教室までお電話ください。

マナビカタカエル

【標準コース・発展コース】学びのテーマと視点(今まで学んできた思考技法)
国語 ●文章全体の話題をつかむ(説明文)
●文と文、文章と文章との関係をつかむ(説明文)
●できごとの内容をまとめる(物語)
●気持ちとできごとの関係をつかむ(物語)
【思考技法】
●中心とつながりをもった情報に着目する
●部分どうしのつながりに着目する
●全体とのつながりの中で部分に着目する
●前後に着目して、部分どうしのつながりを探る
●外側にある情報に着目することによって、内側にある情報を探る
●部分どうしのつながりを探る
算数 ≪標準コース≫
●小数の乗除と文章題
●小数の計算と文章題
●小数の逆算と文章題
●平面図形
≪発展コース≫
●小数の計算と文章題
●小数の逆算と文章題
●平面図形
【思考技法】
●数・量・式の意味に着目する
●情報をとらえるために着眼点を定める
●情報をとらえるために抽象化する
●全体をとらえるために部分に着目する
●方向性をとらえるために部分どうしの関係に着目する
●情報の視覚化を試みる
社会 ●あたたかい地方・寒い地方
●きょう土の開発(Ⅰ)・(Ⅱ)
●むかしの交通
【思考技法】
●目的やきまりをもとに、必要な情報を読み取る
●特色をとらえるために、現象どうしの関係に着目する
●きまりができた理由をとらえるために、関係に着目する
●ことがらどうしの関係をとらえる
●にているところとちがうところに着目して、ことがらどうしの関係をとらえる
●あることがらで見られた関係を、ほかのことがらにあてはめる
理科 ●物の特ちょう
●流水の働きと地形
●太陽光線と虫めがね、鏡
●太陽の動き
【思考技法】
●同じところやちがうところに着目する
●一定の条件のもとで必ず成立することがらにおける関係に着目する
●表、グラフから情報を読み取る
●変化と原因のつながりに着目する
●一定の条件のもとで必ず成立することがらにおける関係をもとに筋道を立てる
●整理してわかることをもとに筋道を立てる

※より詳しい内容、質問等に関しては、ぜひお近くの日能研にお気軽にお問合せください。
日能研で、充実した冬休みを一緒に過ごしましょう!

PageTop