中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

解答と解説

2013年 富士見中学校【社会】
日能研がこの問題を選んだ理由

日本の食料自給率が低いということや自給率の意味について、ことばの表面的な意味については、多くの受験生が知識として持っているでしょう。社会科の入試問題において、食料自給率が題材として扱われることはそうめずらしいことではありません。

そうした中で、富士見中のこの問題は、問いの中で穀物自給率の算出方法を提示し、子ども達が持ちやすい「穀物自給率が高ければ安心」という前提から離れ、考えられる内容を考えていきます。このように一見、「当たり前」であることから離れて、考えてみることができるかどうかは、非常に大事な力であると感じています。

このような理由から、日能研ではこの問題を□○シリーズに選ぶことに致しました。

日能研による解答と解説
[解答例]

バングラデシュでは穀物の国内消費量が少ないため、国内生産量を国内消費量で割っても小さな数にならないから。

[解説]

問題文と絵からは、バングラデシュの穀物自給率が97%と高いことがわかります。それなのに、問いの文章にあるように『十分に食べられない人がたくさんいる国』であることは一見すると、矛盾しているような印象を受けるかもしれません。

ここでは、穀物自給率の算出方法をもとに、自給率が高いのに、食べられない人がたくさんいる国がある理由が求められています。穀物自給率の算出方法は、問いにあるように穀物の国内生産量÷穀物の国内消費量×100です。この率が高い状態とは、穀物の国内生産量(割られる数)が大きく、穀物の国内消費量(割る数)が小さい時です。ここから記述すべき内容としては、バングラデシュにおける国内消費量が少ないことを書くとよいでしょう。

食料自給率については、1つの品目の数値の高低だけでなく、いくつかの項目と組み合わせて見ていくことで、さまざまなことに気づくことができます。統計資料を見る時に、数値が何をしめしているのか、その数値の背景にはどのようなことがらがあるのかについても考えながら記述していく力が求められています。

PageTop

© NICHINOKEN