中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

出題意図(サマリー)

2013年 玉川学園中学部【社会】

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

玉川学園中学部の社会科が求めているチカラとは?
1与えられた情報をもとに自分の意見を述べるチカラ
社会科/有光 正哉先生

玉川学園の入試では、この問題のように、与えられた情報をもとに自分の意見を述べる問題を出題しています。その際、考えるヒントになるような図やグラフを必ず提示しています。この問題の場合は天ぷらそばの具材や調味料の自給率です。与えられた情報と、自分が身につけた知識をうまく使って、設問の要求に応えてほしいと思います。

2考える土台となる知識のチカラ

「考える」ためには、その土台となる知識も必要です。基礎的な知識を問う問題は、小学校の教員も参加して吟味して作問しているので、“聞きすぎる”ことはないはずです。教科書をきちんと学習していれば対応できると思います。

3正確な表現で相手に伝えるチカラ

文章記述は概ねよく書けていますが、中には要点がはっきりしない答案もあります。結論は合っているけれど、「何がどうなって」という部分が疎かになっている答案が見られます。また理由だけで結論が抜けている文章もあります。相手に伝えることを意識して、きちんと筋道を組み立てて書く練習をしておきましょう。

PageTop

© NICHINOKEN