中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

出題意図(サマリー)

2013年 横浜雙葉中学校【国語】

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

横浜雙葉中学校の国語科が求めているチカラとは?
1読書や生活体験を通して豊かな言葉を獲得しようとするチカラ
横浜雙葉中学校 先生

本校では、言葉の問題をよく出題します。ここでは、基本的な語彙力だけでなく、読書や生活体験を通して培ってきた言語感覚も見せていただきます。受験対策の勉強にとどまらず、普段使わない言葉と出会ったときに「こんな表現もあるんだ、おもしろいな」と敏感に反応してくれるようなお嬢様と一緒に学びたいと思っています。

2他者の心情や価値観を理解し、共感するチカラ

私たちは、一人ひとりの存在をかけがえのない、大切なものと考えており、ありのままのあなたを尊重します。ただし人は一人では生きていけません。自分と違う価値観や特性をもつ人のことも理解し、認め合って生きていくことが必要です。そうした柔軟な対応力を、入試問題でも問いたいと考えています。学校生活の中で友達とかかわり、泣いたり笑ったりする体験をたくさんするとともに、読書を通して、他者を理解したり共感したりする力を深めていきましょう。

3自分の思いや考えを自分の言葉で伝えるチカラ

入学すると、国語の授業はもちろん、さまざまな場面で書くことを求められます。あなたの思いや考えを伝えてほしいという想いは、入試問題でも変わりません。字数に制限を設けない問題を出しているのも、細かいことにとらわれず、自分の思いや考えを伝えてほしいからです。解答用紙を見ると、スペースが大きくて後回しにしたくなるかもしれませんが、難しいことを聞いているわけではないので、ぜひ挑戦してください。

PageTop

© NICHINOKEN