中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

出題意図(サマリー)

2013年 頌栄女子学院中学校【理科】

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

頌栄女子学院中学校の理科が求めているチカラとは?
1情報を取捨選択するチカラ
理科/行方 春菜先生

情報があふれている世の中です。その中から正しい情報、必要な情報を選び取る力をもっていないと振り回されてしまいます。そこで、花粉症という、小学生にも身近なことを題材に、さまざまなデータから花粉量に大きな影響を与えている要因を導き出してもらう問題を出題しました。

2情報を比べて、考えるチカラ

各条件と花粉量を比べて、最も影響を与える条件を導き出すには、花粉量をもとに一つひとつの条件を比べる力や、そこから関係性を導き出す力が必要です。見たことのない問題であっても、立ち止まって考えることができる子と一緒に学びたいと思っています。ひるまずに問題文を読み、求められていることに応えるためにはどうすべきかを考えてほしいと思います。

3考えたことを論理的に説明するチカラ

考えることができていても、アウトプットしなければ誰にも伝わりません。自分の考えをまわりの人に伝える力は、学校生活だけでなく、社会に出てからも必ず求められるので、入学後もさまざまな教科や取り組みを通して、磨きをかけていきます。毎年、記述問題を出しているのはそのためで、考えたことを論理的に説明できる子に入ってきてほしいと願っています。

PageTop

© NICHINOKEN