中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

解答と解説

2013年 頌栄女子学院中学校【理科】
日能研がこの問題を選んだ理由

示された表から情報を読み取り、空気中のスギの花粉量に最も影響を与える環境条件を探っていきます。表にはさまざまな条件が示されていて、それぞれの条件の変化と花粉量の変化を比べていきます。そして、最も影響を与える条件と花粉量の関係を説明します。このように、多くの条件を調査し、その中から関係をとらえていくことは、今後の学びにつながっていきます。

このような理由から、日能研ではこの問題を□○シリーズに選ぶことに致しました。

日能研による解答と解説
[解答]
  • (環境条件)最高気温
  • (説明)最高気温が高いと、花粉量が多くなる。
[解説]
表より、「花粉量」と他の条件を比べます。「天気」は3/4と3/7のどちらも同じ(くもり)ですが、「花粉量」は大きくちがっているので、「天気」が「花粉量」に与える影響は小さいととらえることができます。「湿度」は3/6と3/10でほとんど同じですが、「花粉量」は大きくちがっているので、「湿度」が「花粉量」に与える影響は小さいととらえることができます。「風向」は3/4と3/6で同じ(南東)ですが、「花粉量」は大きくちがっているので、「風向」が「花粉量」に与える影響は小さいととらえることができます。「風速」は3/6と3/10で同じですが、「花粉量」は大きくちがっているので、「風速」が「花粉量」に与える影響は小さいととらえることができます。「日の出」「日の入り」の時刻は、少しずつ変化していますが、「花粉量」は、日によって大きく変化しているので、「日の出」「日の入り」の時刻が「花粉量」に与える影響は小さいととらえることができます。
3/4や3/5のように、「最高気温」が低いときには、「花粉量」が少なく、3/6や3/7のように、「最高気温」が高いときには、「花粉量」が多くなっています。「最高気温」と「花粉量」は同じように変化しているので、「花粉量」にもっとも影響を与える環境条件は「最高気温」ととらえることができます。

PageTop

© NICHINOKEN