中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

解答と解説

2013年 雙葉中学校【国語】
日能研がこの問題を選んだ理由

自分に提示されているテーマを新たに展開できる力が求められ、学びを深めることの面白さに気づかせてくれる問題になっています。

会話文を読む中で、場面として描かれている状況や、会話をしている人の立場をふまえることができたかどうか、つまり、自分の立場、相手の立場をふまえて敬語を使うことができるかどうかをふり返ることができます。

この問題では、国語という科目の問題を通して、相手とどのように接していくのかということや、相手に対する気配りなど、日常生活における言葉の使い方をもふり返ることができます。また、ここで考えたことは、人生を過ごす中での豊かな人間関係を築いていくための礎ともなることでしょう。

問題に取り組むことを通して、「学び」は「授業」「科目」の中だけにあるのではなく、日常生活の中にもあるということを示唆するとともに、自分自身の考えたことを相手に伝える自由さ、そして子どもたちの豊かな人間関係や生き方に目を向けるきっかけを作ることができると言えるのではないでしょうか。

このような理由から、日能研ではこの問題を□○シリーズに選ぶことに致しました。

日能研による解答と解説
[解答]
  • 問一
    • 1お聞きになって
    • 2ご覧になりましたか
    • 3おっしゃる
    • 4お伝え
    • 5お知らせする
  • 問二入院中はお見舞いにお越しいただき、ありがとうございます。無事、退院することができました。母も先生によろしくと申しておりました。今後も、楽しく学校生活を送りたいと思います。よろしくお願いいたします。
[解説]
  • 問一会話文の内容を読むときに、だれが、だれに対して伝えている言葉なのかをたしかめることができたでしょうか。会話をしている人がどのような立場なのか、相手が自分にとってどのような立場なのかをふまえたうえで、尊敬語を使うのか、謙譲語を使うのか、丁寧語を使うのか、判断できたかどうかがポイントになります。
  • 問二入院していた花子さんの立場、お見舞いにいらした先生の立場をふまえたうえで、先生にどのようなごあいさつをすればよいのか考えます。
    入院中、先生は、花子さんのもとにお見舞いに来てくださいました。さらに、お見舞いの際に「ゆっくり休んでください」という花子さんへの気づかいの言葉もかけてくださっています。このような、先生の気づかいに対するお礼を、ごあいさつの際に添えたいところです。また、先生は「お母さまにもよろしくね」という母親への気づかいとなる言葉もかけてくださいました。「母親の先生へのごあいさつ」もふくめることができると、よりいっそう、気の利いた内容となります。
    先生にごあいさつをするのは、退院後、登校を始めるときですから、学校に通い始めるにあたり、どのような気持ちで過ごしていきたいと考えているのかということもあわせてお伝えできるとよいでしょう。

PageTop

© NICHINOKEN