中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

出題校にインタビュー!

2013年 八雲学園中学校【算数】

八雲学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.先輩ができるなら自分もできる!信じる力が好循環を生む

「入学してからは答えを出すまでの過程を大事にする」

島田先生 入学するまでは「答えを出すこと」を最優先にしていたと思いますが、入学後は答えを出すまでの過程を大事にするように、入学当初から指導しています。数学が好きな理由に、よく「答えが1つだから」と言われますが、答えは1つでも解き方はいろいろあります。答えにたどり着くまでの過程を楽しんでもらいたいですね。

私は、普段の授業では原理・原則といった基本の理解に力を入れています。数学に苦手意識があると解答のパターンを暗記しようとしますが、数学は暗記科目ではありません。数学にはいろいろな定理がありますが、覚えただけでは使えるようにはなりません。なぜそのような定理ができたのかをまず理解してから定理を使うと、解法パターンの暗記に頼らなくても解けるようになり、応用も利きます。

八雲学園中学校

「余裕のある高1のうちに、じっくり考えることを経験しておく」

島田先生 中学の問題は教科書の例題を見れば練習問題も大体解けますが、高校の問題はそうはいきません。例題と練習問題がかけ離れていることもあるので、より考えることが求められます。じっくり考えることを避ける生徒は数学嫌いからなかなか抜け出せませんが、考える力が身についている生徒は高校になってから伸びます。わからなくても考えたのであれば勉強になっています。どこまでわかって、どこからわからなくなったのか、自分で把握できるからです。でも、考えていなければ何もしていないのと同じです。

高校に上がったばかりの生徒には、1問解くのに今は1時間、1日かかってもいいからとにかく考えよう、問題を見てすぐに「わからない」と投げ出すのはやめようと言っています。大学受験までまだ余裕のある高1ならば、問題にじっくり取り組むことができると思います。

「表現力をつけて部分点を積み重ねる」

島田先生 数学は自己表現も大切だと思っています。記述問題で計算式だけの答案では、自分の考えを相手にきちんと伝えることはできません。試験は自分の考えを表現する場ですから、自分の言葉で説明する訓練をします。

計算式だけでなくどのように考えたのか説明が書かれていれば、計算や考え方を間違えるまでの解答について部分点がもらえます。大学入試は1点、2点が合否を左右します。どうやって点数を取るか。満点を取るのは難しいので、部分点を積み重ねること、つまり、どれだけ相手に伝えることができたか表現力が大事になります。

授業で私が板書したことについて、生徒から「それは書かないといけませんか?」と聞かれますが、相手に伝えるには「何を」書かなければいけないか、授業の中で口うるさく教えています。書く作業を疎かにすると自分の理解もあいまいになります。わかっていると、書かなくてもよいと思いがちですが、本当にわかっていないと書けません。「わかった」ことと「わかったつもり」には差があることに気づいていれば、何を書くべきかわかるはずです。友達とのコミュニケーションも、自分のことを伝えようと言葉にしなければ相手はわかってくれません。

八雲学園中学校

「教科書の難解な内容は、自分なりにかみ砕く」

島田先生 高2・高3になると学習内容がかなり難しくなります。教科書も参考書も表現が硬くなります。そのままではとても難しいので、実際に使えるように自分で訳すように言っています。自分でわかるような説明に落とし込めればきちんと理解できていると言えます。このような数学ならではの読解力に基づく“翻訳力”は、社会に出てからも役に立つはずです。

書くことに関しては繰り返し訓練することで慣れていきます。何でもいいからとにかく書いてみる。最初は手探りでも書いていくうちに落としどころが見つかります。自分がわかっていることを書いていって、方向性が間違っていると思ったら別の方法を探せばいい。試行錯誤することを面倒くさがらないことです。

理系の定期テストは全問記述問題で、答案用紙はB4白紙2枚、表裏使って構いません。かなりの文章量が書けるので採点するのは大変ですが、生徒の考え方がよくわかります。解答だけだとできた・できないだけですが、記述問題は何がわからなかったのか、どこでつまずいたのかまでわかるので、試験後の解説で適切なフィードバックができます。

中には珍答もありますが、書かないと解答がおかしいということすらわかりません。どこがおかしいかわかると、「ここが違うよ」とやり取りができるので、必ず次につながります。

「勉強以外に何か1つ、頑張れることを見つけよう」

島田先生 本校は行事が盛りだくさんです。行事が多いと勉強時間が少なくなるのではないかと思われるでしょうが、部活動や生徒会活動に熱心な生徒の方が成績は優秀です。私大の難関校に合格するのは、関東大会やインターハイに出場した生徒だったりします。部活動などを最後までやり抜いた自信があるので、「あれだけ頑張ったのだから」と受験勉強でも踏ん張れるのでしょう。入学時に、生徒には勉強以外にも何か1つ、頑張れることを見つけようと話しています。

小谷野先生 部活動に一生懸命な生徒は授業も集中して聞いています。放課後は部活動に充てるために、授業中にしっかり理解しようという姿勢が見られます。勉強と部活動の切り換えがうまくできていると感じます。

八雲学園中学校

「一般入試で頑張る」

島田先生 基本的には「一般入試で頑張る」というのが本校の方針です。進学実績が伸びてきたのは一般入試にチャレンジするようになってからです。推薦入試は一般入試のオプションの位置づけで、センター試験もできるだけ受けるように指導しています。

一般入試で受ける生徒が増えたことで外部の模試を受ける人数が増えるなど生徒の意識も変わってきました。私大の難関校に合格した先輩のことを、後輩たちはまるで自分のことのように喜んでいます。「あの先輩ができるのだから、自分だってできる!」「自分ならもっとできる!」というよい意味の思い込みが、さらに生徒をやる気にさせています。

教員も「必ず変わるんだ」「今より成長できるんだ」という強い信念を持って取り組んでいます。生徒の可能性を信じて、生徒のチャレンジを後押しできるように努めていきたいと思っています。

インタビュー 3/3

八雲学園中学校

八雲学園中学校『古事記』に記された「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」という祝歌にちなんで、1938(昭和13)年に八雲高等女学校が創立された。47年、八雲学園中学校・高等学校となる。96(平成8)年に中学校を再開。

「世界の大海原に視野を広げ、国際感覚を養い、感性豊かな知性と社会性のある人間力を育む教育」をモットーに、独自の英語教育、進学指導、芸術鑑賞、チューター方式を展開しながら、生徒一人ひとりの個性と能力をのびのび、じっくり伸ばすことを目指している。体育館のステンドグラスには「真実、よろこび、友情、健康」を意味するラテン語が書かれており、溌剌とした生徒の表情や明るい学園の雰囲気を象徴している。

近くには駒沢オリンピック公園があり、緑多い自然に囲まれた環境。視聴覚教室、多目的教室、クラブハウスなど充実した校内施設のほか、アメリカ西海岸のサンタバーバラには海外研修センター「八雲レジデンス」をもつ。食堂はないがパン類の販売あり。

外進生とは別カリキュラムを展開。特に英語に力を入れ、チームティーチングや外国人教師による少人数制の英会話を実施。1、2年次土曜日は4限すべて英語特別講座を行い、英作文や英検対策に加え、英語劇やスピーチの練習などにあてる。中3までの国語演習は分割授業を行う。中1~高3まで上位大学進学クラスを設置。05年入学生から入試での特待生制度を実施し、入学後はこのクラスに入る。中1から百人一首暗誦テストを行い、早期から古文を学習。放課後の補習、休暇中のバックアップ補習、箱根での進学合宿、成績不振者への個別指導なども行われる。

担任のほかに進路指導や悩みを相談できる教師がつくチューター方式を導入。交換ノートや手紙などでも利用でき、相談しやすい環境が生徒にも好評。英語力を身につけるために、レシテーションやスピーチコンテストをはじめ、英語一色のイベント・英語祭、パーティ形式で行う英会話教室・イングリッシュファンフェアーなど多彩な行事を実施。中3で八雲レジデンスに宿泊する海外研修もある。月1回の芸術鑑賞の日には、歌舞伎や音楽会、美術展などをとおして豊かな感性を育んでいる。夏の林間学校、秋の球技大会、冬のスキースクールも恒例行事。運動部9、文化部16のクラブも、運動部のバスケットボール部、空手道部、文化部の吹奏楽部をはじめ盛んに活動している。

PageTop

© NICHINOKEN